小指が折れてから正座がヘンなの

市川市の女性整体師 川島カイロプラクティックです。


年末に小指を折る!という大ケガをされてから
「体の動きが全体的にヘンな感じになって(-_-;)」
とおっしゃる市川の女性です。
(小さな矢印がある所)

正座ができない原因は骨折してから

階段から降りたときに足首をひねり、この時に左小指を折ってしまったそうです。

その後はもちろんギプスと松葉づえ。
ケガの後なので、その後体の動きがいろいろおかしくなってきたといっても不思議じゃありませんね。

  • 正座をすると、足がすぐに痛くなるようになった
  • 正座をすると体が右に傾いてしまう
  • 腰痛が出てきた
  • 左脚の後ろがピーンと突っ張るような感じ
  • 首コリと肩こりがひどくなった

などが出てきたそうです。

体の状態を確認すると・・・

ブルブルと震える感覚が左太ももでわかりづらいとのこと。
それ以外の感覚の低下、筋力の低下、関節の動きの低下はなし。

左足首が、ひねったほうに動きすぎていますので
ネンザのケアは必要ですね。

また、骨折した小指の骨ホネさんのあたりがむくんでるような
盛り上がっているような変な感触です。

安静にしていたためか、しゃがみづらく下半身がグラグラしていました。

カイロプラクティックケアを足首に

  1. まずはネンザと骨折後のケアを致しました。
    これでまず足首や指が動きやすくなりました。
  2. 正座ができなかったので、バランスを取るために首がグッと力んでいたようです。
    こちらも楽になってもらいました。
    だから首や肩がこってたんですね。
  3. しゃがむ動作がグラグラするので筋力トレーニングをお願いしました。
    これがしっかりできる頃には腰の痛みも減ってくると思います。

カイロプラクティックのあとは
「立ちやすいし、体が軽くなりました♪」
とおっしゃっていただきました。
*カイロプラクティックの効果は個人差があります

ケガのあとにはカイロプラクティックを

ネンザやケガなどは、痛みがなくなったからといってそのままにしてはダメなんですよ。
これホントにホント。

その理由は本来の足の動きができるようにケアしないと
自分も気づかない無理な動きをずっと続けていくことになるからです。

今回は正座ができないとか、体の動きがヘンだ、と自覚がありましたね。
こういう感覚を「まあ、しょうがないか」と見過ごさずに
カイロプラクティックを受けよう!と思って頂くことがとっても大切!!

数か月後、数年後にぎっくり腰だとか、
しゃがんで物が取れないとか影響が出てきては困るわけです(^^;A

なので
昔ケガをしたことがある、
ぶつかったりぶつけられたりしたことがある、
転んで手をついて痛かったことがある etc。。。
場合は、お体の確認をしにカイロプラクティックを一度受けられることをおススメします^^

今、痛いとか辛いとかが無くてもOKです(^-^)b

お電話なら 047-701-8198

足や足首のお困りごとは 市川のカイロプラクティック

市川の川島カイロのご予約フォームはここをクリック