生理が止まらない

市川 本八幡から近い整体院(女性整体師)、川島カイロです。

 

生理不順に関連するお悩みは色々ありますね。

 

今回は
10日くらいダラダラ生理が続いているような場合について。

だらだら続く生理の中では少し短い期間について書いてみます。

 

* 「生理の血」血では書きづらいので、月経血、内膜と書きますが、
つまりは「生理の時の血」のことです。
 子宮に貼りついている時は内膜、
外に出てきたときは月経、月経血と呼ばれます。

 

生理の期間は正常であれば5~7日前後と思われます。
これは
①子宮から内膜がはがれ落ちるのが2~3日位
②それがすべて排出されるのが残りの日数になります。

大抵は①+2~3日程度になるので生理の期間は
5~7日前後位になるわけですね。

 

さて1週間以上10日くらいダラダラ生理が続く場合
①a 子宮から内膜がはがれ落ちづらい
②b その後の排出ができてない

ということを考えてみます。

①aの場合
収縮が弱い
子宮の収縮が上手くいかない

そのため内膜=生理の血が子宮からはがれ落ちないということが考えられます。

②bの場合
膣口に向かって落ちづらい
そのため時間がかかる
のではないかと考えています。

これはご来院頂いた患者さん達を施術していて考えていることです。

 

子宮の収縮が弱いと、収縮させるためのホルモンがたくさん出て生理痛が強くなってしまったり、
骨盤の変異やご自身の姿勢の悪さから子宮や膣の位置がおかしくなってしまって
月経血がひっかかってしまったり、排出されずらかったりするのではないかと思うのです。

 

施術をして
骨盤の変異を正す

筋の過収縮がなくなり、膜・腱・靭帯の働きが正常化

神経の働きが正常化する

内臓の位置が偏らなくなる

月経血のスムーズな排出

へ変化していくのではないでしょうか。

ここまでの考えは病気についてではなく
体の働きが弱ってしまったために起きた問題として書いています。

 

病気について書くのであれば
脳下垂体の腫瘍
甲状腺のホルモンの問題
卵巣や子宮に筋腫や内膜症がある
卵巣や子宮に癌がある
etc

が問題になってきます。

 

でも市川の川島カイロにいらっしゃる方は
産婦人科さんで診てもらって、
“そういう病気はなかった、だけどダラダラ出血が続いたり、生理痛が消えない”
ということでご来院になります。

そのような場合で考えてみました。

 

生理異常がある方は
一度は産婦人科さんで病気ではないということを確かめたほうが良いです。
そして
・大して悪い状態じゃない
・病気じゃないみたいだから、このまま様子を見ましょう
・“とりあえず”薬を飲んでみて様子を見ましょう

というような場合、体の働きが低下していると思います。

 

産婦人科さんの治療と並行しての施術も可能です。
実際には、子宮筋腫や子宮内膜症もあって生理の不調がある方も来院されています。

なのでぜひ、メールやお電話でお問い合わせください。

 

生理がいつまでも続くなら 市川のカイロプラクティック川島カイロへ

当整体院までの地図ならグーグルプレイス