腰痛と重力の関係

市川の整体院(女性整体師)、川島カイロです。

本日はトータルヘルスサポーターズから腰痛と重力の関係の話をお伝えします。

shinka

 

腰痛は先進諸国の国民の7割以上が、

一生のうちに一度は腰痛を経験するといわれる症状です。

約350万年~380万年前に人類が4足歩行から2本足で歩くようになってから
「人類と腰痛」の歴史は始まっているといっても過言ではないかもしれません。腰痛

なぜなら、腰痛とは直立歩行をするために起こった症状であると言われています。

 

人が2本足で歩くためには、

上半身の重みを腰で支え

背骨が重力に対して緩衝機能(クッション)をはたす

ために背骨やその周辺に、大きな負担をかけているのです。

なぜ、2足歩行になっただけでそれほどまでに腰に負担をかけてしまうのか?

それは4足歩行のときは、背骨は上半身と下半身を繋ぐ梁の役割をしているため、
前足、後ろ足での4点で安定した状態で支えられるためです。

 

ところが2足歩行になってしまうと、背骨は不安定ながらも直立しなければなりません。

 

本来背骨とは梁として用いる骨格のため、違う用途に使用すると無理が生じるのです。

4足歩行の動物が立ち上がる姿勢を見ればわかるように、安定がなく必死に立っているのがわかると思います。

 

人間は2足歩行をするために、足と骨盤と背骨のバランスを上手に保っていなくてはならないのです。

しかし、人間の多くはそのバランスを常に上手にキープし続けることができないことが多いのです。

 

バランスを保てず、その負荷が強く影響するのが腰椎や骨盤です。

頭・上半身・腕などの重みがググッと腰にかかってくるのが、想像できますね。

20130529143628

腰痛などの症状でお悩みの方の多くは、

これらの部位に対して負担が集中しやすくなっています。

背骨の下部にある腰椎はこういったストレスが長期間続きます。

 

地球には重力がありますから、下の方に引っ張られる力からは逃れられず、背骨がストレスに耐えきれなくなった時に”後ろにズレます”

 

このズレをカイロプラクターは、緻密な検査に基づき正確に矯正していきます。
そのため、本来の正しい矯正は本当にソフトで痛くはないのでご安心ください。

中野カイロプラクティックオフィス 薬袋 聡先生の記事を引用しています。

 

腰痛・ギックリ腰なら 市川の整体院川島カイロへ

当整体院までの地図ならグーグルプレイス