市川 整体・骨盤矯正・腰痛・頭痛・肩こり・ぎっくり腰なら川島カイロプラクティック 市川市の本八幡駅より車で5分

  • HOME
  • 当院の特徴
  • 患者様の声
  • よくある質問
  • 施術料金
  • 地図・アクセス
  • お問い合わせ

腰痛・膝痛

腰痛は「腰痛症」とも言われる、体の状態を表した言葉です。
一口に腰痛・膝痛といいますが、症状の出方は人によって様々。
 たとえば腰をかがめると痛い方、腰をそらすと痛い方。
 階段や坂道で登るときに膝が痛い人と、下るときに膝が痛い人など。
これはそれぞれ原因が違うから症状が変わるのです。
あなたの腰痛・膝痛はどこに原因があるのでしょうか?

腰痛が出る原因―身体に病気がある場合

腰痛が出る原因としてはっきりした理由がある、つまり
身体に病気がある場合(器質的な異常といいます)がある場合です。
 例えば
 内臓・骨・椎間板・筋肉などの形・構造・相互の位置関係に異常がある場合
つまり整形外科さんでレントゲンやMRIなど画像診断でその病気の状態を確認することができます。
・椎間板が膨隆している、
・さらにひどくなると椎間板が突出している、
・腰骨に棘のようなでっぱりが見える(骨棘)、 ・骨粗しょう症で腰椎がつぶれている、
・腰の生理的な前弯がないなどです。
そして椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などの診断名がつきます。

ただ、軽度な場合「これなら大して痛むことはないでしょう」という場合もあります。

腰痛が出る原因―身体の働きが落ちている場合

一方で器質的な異常がない場合の腰痛とは、
体の働きが低下している場合(機能的な低下といいます)、
体が本来持っている柔軟性や動きが低下している場合
です。
レントゲンやMRIでは身体の働きを画像にして腰痛を確認することができませんから、原因を特定できず「異常はありません」ということになります。
そして原因が分からないため診断名がつかず、症状を表す「腰痛症」となります。

もし、整形外科さんで「異常なし」「軽度ですから心配いりません」といわれたら、
まずは画像で認められるような身体の病気がない、あっても心配ないということで安心してください。
実際には腰痛の方の多くがこちらの理由で起きていて、しかも「軽度」と診断されても痛みが強い人もいるのです。

当院ではこのように検査、改善を目指します

ただし問題なのは、それでも腰痛のために生活の不便があるということです。

カイロプラクティックはこの体が本来の働きをしていない、動きが低下している場合に対して有効な施術方法です。

まずは問診でどのように体を使っている時に腰痛が起こるのかを伺います。

  • 歩いている時に痛くなる、座っていれば平気
  • 朝起きたときは痛いけど、日中動いていると楽になってくる
  • かがむ時に痛い/身体を起こす時が痛くなる

どのような時に一番つらいか、逆に楽になるのはどんな時か?
など詳しく教えて下さいね!

どの神経が誤作動を起こしているのか、神経の状態を
確かめます。
身体を動かすのは筋肉ですが、
その筋肉の働きを調節しているのは中枢神経です。
中枢神経の働きを改善することで、姿勢や筋肉の張りも
正常になり、腰痛が起きづらない体になっていきます。

姿勢や身体の動作を整形外科テストや反射テストで
確認していきます

大切なことはあなたの腰痛の原因がどこにあるかということです。 病院とは違ったカイロプラクティックの手法であなたの身体の状態を探ります。

様々な腰痛

様々な腰痛を見ていきましょう。これらはカイロプラクティックで改善が期待できる腰痛です。

筋肉・筋膜性の腰痛

原因としては生活習慣、仕事の内容、あなたが持っているクセに影響されます。
長時間同じ姿勢でいたり、同じ動作が繰り返されていたり、過度に筋肉が使用されたときに起こる腰痛です。
慢性化している場合が多く、何年も腰痛に悩まされている場合もあります。
かがんだり、反らすと腰が痛い、あおむけに寝られないなど、苦手な姿勢や動作があるでしょう。
改善方法としては筋肉をコントロールしてくれる脳の活性化、そのために必要な酸素の供給、収縮して痛みを引き起こしている筋肉を緩める施術を行います。

  • 1日中(長時間)デスクワークor立ち仕事
  • 決まった角度からTVやモニターを見る
  • 運動不足で十分な筋力がない
  • 頬杖をつくクセがある   etc

ぎっくり腰

急性の筋筋膜性の腰痛です。
重い荷物などを持った時に、「ギクッ!」と来るというイメージがあると思います。
しかし意外にもそれ以外の「地味」な起こり方もまた多いです。

  • 洗面やうがいの際、腰をちょっと曲げた(または曲げようと動き始めた)瞬間
  • くしゃみやセキが出たとき
  • 名前を呼ばれて振り向いた
  • 立ち上がった
  • 朝起きたら、腰が痛くて動けなくなっていた!

しかもこのような場合、派手に「ギクッ!」と痛みが来るというより、
「あれ?ちょっとひねったかな?」「今の動作で何だか腰に違和感があるな?」
という軽い違和感・痛みから、時間を追うごとにだんだんと痛みが強くなってくることがあります。

ぎっくり腰のご自宅での対処

冷やした方が良い場合
痛みが強く患部に熱感がある場合/冷やしたほうが楽だ、気持ちいい
→アイスノンなどで冷やす(痛みが発生して3日くらいまでの対処法です)
温めたほうが良い場合
温めたほうが楽だ、気持ちいい/お風呂に入ると痛みが軽減する/冷やしても温めてもどちらもそんなに差がない
→入浴、ホットパック、腹巻、毛糸のパンツなどで温める
安楽姿勢をとる
→体を丸める、おなかの下に座布団を1~3枚入れてうつ伏せに寝る、横向きに寝るなど

施術のタイミングは、「いつでも」です。

  • 痛みに耐えられないからすぐに来院した
  • 痛いから動くよりじっとしているほうがマシだった
  • 痛みが引いて動けるようになってきたから来院した

・・・などなど来院のタイミングは様々。
ただし、数日して痛みが軽減したから「ま、いっか」はお勧めできません。
身体がぎっくり腰や腰痛としてサインを出してくれたのです。
痛みが出ているということは体がこれ以上負担を抱えられないという警告です。
何度も繰り返したり慢性化する前に対処いたしましょう。ギックリ腰を繰り返す方は椎間板ヘルニアを誘発します。

坐骨神経痛

坐骨神経痛の原因は主には椎間板ヘルニアとされています。
腰の骨と骨の間にはクッションの役割をしている「椎間板」という物があります。
この椎間板が突出して神経を圧迫することが原因です。
仙骨から出てくる「総腓骨神経」と「脛骨神経」という2つの神経が合わさると「坐骨神経」になります。
坐骨神経は太ももの付け根から太もも後面を通り、膝で分かれていきます。
このため坐骨神経痛の痛みやシビレが出る場所は太ももの後ろやひざ下で、お尻は含まれません。

梨状筋症候群

坐骨神経痛と間違われやすいですが、
原因が違います。
原因はお尻にある「梨状筋」という筋肉が収縮しすぎて起こります。
痛みやシビレが出る場所は
お尻・太ももの後ろ・ふくらはぎです。

内臓の機能低下(働きの低下)による腰痛

腰が痛いと思っていたら、それは内臓によるものだった、ということも多いものです。
腎臓・胃・膵臓・胆のう・十二指腸などが病気そのものでなくても働きが低下するとその影響が腰部に現れます。
(*私も嘔吐をした2日後、椅子から立ち上がったらぎっくり腰になった、という経験があります・・・)
女性の場合、生理や生理周期に関わる場合や、子宮、卵巣、子宮間膜などが問題になる場合も多々あります。生理痛と共に腰痛もひどい場合はぜひご相談ください。

膝の痛み

腰痛と共に膝の痛みを抱えていらっしゃる方も多いでしょう。
変形性膝関節症や膝蓋骨(ひざのお皿)の変形、軟骨がすり減ったからなどと言われることも少なくないと思います。
しかし膝の痛みは主に
膝に関連する筋肉の機能低下(働きの低下)=筋力の低下が原因です。
施術を進めていくと
「そんなところが痛かったなんて気づかなかった」
と言われることも少なくありません。
ご本人の気付かない、隠れた筋力低下を見つけて膝の痛みを改善いたします。
膝に水がたまる、ふくらはぎがむくむという方もご相談ください。

お問い合わせ:047-701-8198 お問い合わせ:047-701-8198