モートン病になっちゃんたんでしょうか?

市川から近い女性整体師の川島カイロプラクテックです。

 

モートン病

モートン病

 

 

 

 

 

「先生、モートン病になっちゃったかもしれない~(TT)」
と言ってご来院の市川の患者さん。

「中指と薬指の間の足の裏が痛いんです。
階段を降りるときに特に痛くなります」
とのこと。
歩いているだけの時には平気。
階段を上るときも平気。

 

以前ご来院だった時には足の訴えは何もなかった患者さんです。
足に何か負担をかけたのでしょうか?

「足が痛くなったのどれくらい前からですか?
何か思い当たるきっかけは?
他に辛いところはありません?」

「足が痛くなったのは多分、1か月くらい前からです。
2日間ほどいつもははかないヒールをはくことがあって、
そのあとからだったかなあ。
足が痛くなる前から腰が痛かったですけど・・・」

 

了解です!
では本当にモートンかどうか見てみましょうね。
足や、上半身も含めた感覚テスト⇒〇
整形外科テスト
足指の骨と骨の間(中足骨間)を刺激⇒〇
足の裏や甲、足首などをトントンと叩く(チネルテスト)
⇒シビレはない、中指―薬指の間を叩くと痛い
関節の可動性⇒足は〇
⇒骨盤と腰椎が×
筋力テスト⇒下半身がほとんど低下

それと、ふくらはぎの筋肉がパンパンに張っています。
「これ、夜につったりしませんでした?」
「そうなんです!最近何回かあって。痛かった~!」
これならあまり心配いらなさそうですよ!!

 

ということでカイロプラクティックの通常の施術をいたしました。

すると
骨盤⇒あと2回位調整が必要な感じ
腰椎⇒〇
下半身の筋力低下⇒〇
ふくらはぎがパンパン⇒9割くらいフワフワに
足の裏をトントン叩く⇒痛みが無くなりました

 

「これ、モートンじゃないですよ^^。
どうやら腰痛があったところに、
普段はかないヒールをはいたことで足の負担や疲労が増えて、
足の裏、中指と薬指の間に痛みが出たみたいです。
ふくらはぎがパンパンでカカトが動かなくなると
足の裏の筋肉さんの状態も悪くなっちゃうんです。

本当にモートン神経種の方だと、1回ではなかなか
「全然足の裏が痛くないです」
というところまでいかないのです。

 

症状をネット検索されて「モートン病」にたどりついたそうで
私はずっとこのままになってしまうのか?
と相当不安になったようです。

 

足の裏が痛くても、指と指の間が痛くても
モートン病とは限らないものです。
また、モートン神経種だったとしても体全体を整えることで
痛みを軽減できる場合があります。
女性の場合は生殖器に関連している場合も多いので、そちらも見逃せません。

 

市川 松戸でモートン病かもしれない、足の裏が痛い、指と指の間が痛い
などでお困りでしたら、迷う必要なんて全然ないので
一度川島カイロプラクティックにお問い合わせください。
痛みも不安も我慢しているのは辛いですから!

 

 

お電話なら 047-701-8198

モートン病なら 市川のカイロプラクティック

市川の川島カイロのご予約フォームへ

当整体院までの地図ならグーグルプレイス