生理の前後でギックリ腰!?

市川の整体院(女性整体師)、川島カイロです。

 

 

生理の前後で、とても体調が悪くなってしまうことってありませんか?
今日は生理に関連してのギックリ腰のお話。

 

メンテナンスの患者さんが、
「先生、腰がピキッて言いました
何かヤバイ。このままじゃマズイですえっ
「なんかあったですか?」
「う~ん、最近寝不足だったからかな?」

 

どんな時に痛くなるか、動いてもらいました。
座って腰をそらす、
立ち上がってもらう時に痛くないけど不安定な感じで怖い
右に体をひねると痛い

 

どこが痛いか聞くと、
右の腰骨の下の方
お尻の平らな骨の右あたり
(右の仙腸関節付近から、大殿筋のあたり)

 

検査をしてみると、
縮瞳が強い(副交感神経の働きが強い)
骨盤と腰椎(腰の関節)の動きが悪い(可動性低下)
お腹の筋肉が弱い(大腰筋が低下)
お尻の筋肉が弱い(大殿筋が低下)
子宮から反応あり

 

「あれ?生理ですか?」
「あ、もうすぐ終わるところです」
「右のココ、すごく張ってるの分かります?
右の卵巣のあたりでコリコリしてるんですよ~」
右の卵巣から排卵があり
生理の際には右側の子宮の収縮が上手くいかない
右のお腹の筋肉がキュッて縮んじゃったガガーン(右大腰筋過収縮)

こんな感じだったのでしょうか。

 

状況が分かったので、施術しちゃいましょう~。
骨盤(仙腸関節)・仙骨・腰椎の動きの正常化、
大腰筋と子宮・卵巣の調整をすると筋力もしっかり入りました。

あと施術中、速攻で爆睡されてたのでお疲れだったんですね・・・。
(縮瞳が強いのはこのせいか)

 

こわごわ立って・・・「うん、、、何とか大丈夫みたい」。
右に体をひねって・・・グイ~ンとひねれます。「あ驚き動けるきらきら

 

今回は急性の症状だったためか、(おかしいと感じてすぐに来院)
痛い所が原因個所でしたね。

 

それまで普通に元気に生活していても
ホルモンの働きで、体の状況が変わってしまうことって結構あります。
生理前、排卵の頃などがそうです。

あれ?急に腰が痛いな、違和感があるなと思ったら
すぐにご連絡くださいね驚き

 

ギックリ腰なら 市川のカイロプラクティック川島カイロへ

当整体院までの地図ならグーグルプレイス