動いてたら腰痛に

片足で立つとグラつく_市川の川島カイロ

市川市の女性整体師 川島カイロプラクティックです。

何が原因で腰痛に?

格闘技の蹴りの練習をしていたのだそうです。
脚を振り上げたらミシッと(T_T)きて。
腰痛になってしまいました」

・寝返り
・下の物を拾う
・体をひねる
時が腰痛を感じる時とのこと。

腰痛が出るようなときは膝周りも張ってきます
ふくらはぎや膝の後ろなどが疲れてきたり重だるくなってきたりするんです」

練習のしすぎで無理がたたったのかな?
それとも蹴りのフォームが悪いのかな?

腰や膝の状態は

体の状態を見てみました。
ふらつきがあり、「立っている」感覚が弱いようです。
筋力低下が腹・腰・太ももにありましたが、これは腰痛を起こしたためで元々筋力が弱かったということでは無さそうです。
股関節の内ひねりがやりづらいようです(股関節内旋ができない)。

カイロプラクティックケア

そこで、カイロプラクティックで骨盤と腰椎を調性して、
もう一度股関節を見てみました。
う~ん、“さっきよりは良い”程度で、これで良しとは言えません。

股関節の動きに関してはふくらはぎやお尻の筋肉が疲労を起こしていたことも関連していました。
筋肉調整を加えると、股関節の動きが良くなりました。

この時点で
・寝返り
・下の物を疲労
・体をひねる
時の腰痛は出なくなりました。
筋力・股関節の動き・ふらつきもなくなりました。

何で足の筋肉が疲労を起こすのかな?

実際に蹴りを見せて頂きましたが(素人目には)きれいです。
これでまた腰痛が出るのか?

片足で立つとグラつく_市川の川島カイロ

片足で立つとグラつく_市川の川島カイロ

「バランスクッションの上で、もう一度蹴りをしてください」
グニャグニャの上に立ちますから、不安定です。
でも、右足で立つとまずまずバランスを取って蹴り出せます。
ところが左足で立つとグラグラして、蹴りのフォームに入りづらいことが分かりました。

「練習は固い地面で行うから立てているけど、
実際は『安定して立つ』ことができてないってことですね(^^; 」
「こんなにグラつくなんて考えてもみませんでした(◎_◎;) 」

どんなに筋力があっても、そもそも立てなかったら動くことはできません。
ましてや片足。
片足で立つときにグラつくということは、
倒れないように体の色々な場所が必死に(無理に)力を入れて踏ん張ってることになります。

その無理が腰痛につながったのではないでしょうか。

「片足でたってもグラつかなくなるまで、
ご自宅のバランスパッド(スポンジの巨大版)に立つ練習をしてみてください。
それが安定する頃には
腰痛が出ずに良い蹴りを出せるようになると思います(^^)b」
とアドバイスをさせて頂きました。

動いている最中のバランスが悪いせいで、
パフォーマンスを落としている、ひいてはケガにつながるという例でした。

 

このような例は子供さんの部活等で
運動中ケガをしやすい、
またはケガをくりかえす

などが考えられますね。

運動中のケガでお困りの方はぜひご相談下さいね。

お電話なら 047-701-8198

LINE@で予約
片足で立つとグラつく_市川の川島カイロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.