膝と腰が痛くて・・・

スクワットの間違い例_市川の川島カイロ

市川市の女性整体師 川島カイロプラクティックです。

スクワットの間違い例_市川の川島カイロ

スクワットの間違い例_市川の川島カイロ

「先生、膝が痛くなってきちゃった。腰も痛いのよ」
と言って数カ月ぶりにお見えになった80代の女性です。

膝痛と腰痛

「しばらくガマンしてたんだけど、やっぱりだんだん膝と腰が痛くなってきちゃって。
このままじゃマズイ、と思って来たのよ」
いつもの明るく笑いながらおっしゃってます。

でも歩いている様子を見ると
・歩くたびにヨタヨタと危なっかしい感じ
・足裏が地面を捉えてないような不安定な感じ
・上体がお辞儀してるように前傾。顔が下を向きっぱなし
でした。

膝痛と腰痛の原因は?

低下していたのはお腹の筋肉と太ももの裏の筋肉(ハムストリング)。
このせいで体を支えられなかったことが膝と腰に影響したようです。

さらにお腹と太ももの筋肉に影響したのがどうやら胃と脾臓でした。

お腹がカチカチに

真ん中から左肋骨にかけて(胃から脾臓にかけて)お腹がカチカチになっていました。

「お腹が痛くなったりしませんでしたか?」
「全然。ご飯も美味しくてね。2Kgも太っちゃったのよ( ´艸`)」
あらら。お膝のためには少し体重を減らしましょう~~(;^ω^)

自覚は無かったようですが、こちらがさわって
「ここ痛くないですか?」
と伺うと
「あれ?ホントだ。なんか張ってて痛いわね」
とお腹の張りを感じ取ってくださいました。

で、その張りが取れると
「あっ、柔らかくなったわね!」
と変化にも気づいてくださいました。
すると筋肉のほうにしっかり力が入りました(^O^)

立ち上がってもらうと
ふらつき感は無くなり、
状態がまっすぐに起きて顔を上げられる
ようになり、膝痛や腰痛はほとんどなくなりました。

自宅でトレーニング

「家でもスクワットとかしたりするんだけど」
「どんな風にやっているか見せてもらえますか?」

と言って見せてくださったのが、画像にあるような<間違ったスクワット>でした。
1.机から離れて立つ
2.なるべく深く曲げようとする。
3.このとき手で支える

膝を曲げるのがスクワットですが、
机から離れて立つことで膝を曲げる時に上半身もお辞儀のように曲げてしまいます。
すると膝はあまり曲がりません
上半身が倒れることで腕に力が入り、脚力を使っていません

できない原因はインストラクターさんがやるような深いスクワットをしようとしたこと。
筋力が無い場合深くかがむことはできません。
ご本人のできる範囲でトレーニングしてもらうのが一番!

これなら失敗できない、というやり方(を伝えたつもりですが)で
5回でもいいですから毎日トレーニングしましょう、とお伝えしました。

大丈夫、体は変わります

膝痛、腰痛があって動くのは無理、とあきらめてませんか?
大丈夫、痛くない範囲で行えばよいのです。
膝でも腰でも動かしていくとだんだんと変わっていくものです。

その前にカイロプラクティックで体の動きづらさや痛さなどは減らしておきましょう。
膝痛・腰痛がある方は遠慮せずに何でもお問合せ下さいね。

*カイロプラクティックの効果には個人差があります

お電話なら 047-701-8198

腰痛・膝痛なら 市川のカイロプラクティック

市川の川島カイロのご予約フォームはここをクリック

スクワットの間違い例_市川の川島カイロ