腕のシビレとワンちゃんのお昼寝 ➀経過や様子について考える

市川市の女性整体師 川島カイロプラクティックです。

肩痛で来院中の患者さんが急な(突発性の)腕の痛みとシビレで来院されました。
その時患者さんが話してくれた心配事やご自分で思ったこと、質問などがたくさん出ました。
腕のシビレとワンちゃんのお昼寝

それを解説していきます。

➀ 腕の痛みとシビレの経過

「先生、➀おとといからだんだん左腕全体がしびれてきたんです。
シビレがとれないし、びっくりして、、、どうしよう(TT)」

この患者さんの腕の痛みとシビレは明確に3日前から始まっています。
こういうときは原因となる作業や状況がはっきりしやすいものです。

「だんだん」というところを詳しく聞くと、
初めは前腕から手や指がしびれていた
⇒1~2日かけてだんだんと肩のほうまでシビレが広がった
とのこと。
ということは「腕の痛みとシビレの原因箇所は前腕だろう」と推測できます。
⇒原因箇所が特定できる

 

肩までシビレ感が広がってしまったのは症状が広がっているだけで、問題が広がっているわけではないだろうとも考えることができました。

というのも「放散痛」という症状があって、強い痛みやシビレがあるとき、
痛みが出ている場所から遠く離れたところにまでそのような症状が出ることが多々あるからです。

本人は辛いけど、心配はないパターンです。

 

カイロプラクティックにいらっしゃる患者さんの多くが
半年、1年、数年と長い期間、腕の痛みやシビレの症状でお困りの場合が多いです。
そういう場合、何が原因だったか特定することって難しいんですよね。
*特定できなくても、症状を改善・軽減することは可能です

今日のまとめ
何をした後だったか、どれくらい前から腕や手の痛み・シビレが出ているのか、わかる範囲で話すことが大切です^^

お電話なら 047-701-8198

腕や手の痛みシビレなら 市川のカイロプラクティック

市川の川島カイロのご予約フォームはここをクリック

当整体院までの地図ならグーグルプレイス