足の痛み_魚の目、タコが繰り返しできる原因は?

魚の目_たこ

市川市の女性整体師 川島カイロプラクティックです。

魚の目_たこ

魚の目_たこ

魚の目やたこの角質を削っても、同じところにまたできる。
結局治らないよね(*_*;
とあきらめ半分という方は最後までご覧ください。

どうして魚の目やたこができるの

➀ 偏平足になっている
➁ 開帳足になっている

足のアーチがなくなると偏平足になり、足指が扇状に開く=開帳足になります。
そうなると足指の根元から動きが悪くなります。
そして指の関節が床側に落ちこんでしまうものが出てきます。
(意味が分かりづらいですよね。
来院していただくと模型で説明できるんですが・・・)
そこに体重がかかり強く圧迫されると魚の目やたこができてしまいます

なので➀と➁で魚の目やたこができる理由は同じです。

➂ 足と靴があっていない(ヒールの多使用も含む)

足の形やサイズに靴の形があっていなければ足全体に負担がかかるのは目に見えています。
足の痛みや魚の目やたこの問題だけでなく、腰痛や生理痛といった2次、3次の不調を引き起こしかねません。

ヒールは指先に圧力がかかることで指の付け根を圧迫して、魚の目やたこをできやすくします。

➃立ち方や歩き方がおかしい

腰痛や坐骨神経痛があって、立ち方や歩き方に偏りがある
なくても立ち方や歩き方に偏りがある。
ネンザをしたことがある
膝を痛めたことがある

このような理由で
☆まっすぐに立っていない
☆両足を同じように使って歩けない
☆体重を足全体に乗せていない(自分ではそう思っていなくても)
などがあると、これらが偏平足・開帳足・外反母趾につながり、魚の目やたこができる原因につながります。

「理由はわかった。
で、今困っているからどうにかしたいんだけど」
⇒ですよね~。

魚の目やたこにならないようにするには?

もし痛みがあって、すでに立ったり歩くのが辛い場合は整形外科さんで削ってもらいましょう。
場合によってはよく似た違う病気という場合もあるので、初めての方はきちんと診断してもらってください。

繰り返す魚の目やたこで困っている方はカイロプラクティックで
骨盤や腰椎、股関節、膝、足首、土踏まず(アーチ)の状態を良くしてもらいましょう。

歩き方、立ち方、足の状態が悪かったからこそ、魚の目やたこができているのです。
これを改善しないと文頭の “結局治らないよね(*_*;” になってしまいます。

↓施術についてより詳しく書いてあります
魚の目やたこが繰り返しできて困っている方

いままで削る以外に対処が分からなかった方は
カイロプラクティックで魚の目やたこができない足を手に入れましょう。
ぜひ、ご相談下さい(^_-)-☆

 

お電話なら 047-701-8198

魚の目やたこなら 市川のカイロプラクティック

市川の川島カイロのご予約フォームはここをクリック

当整体院までの地図ならグーグルプレイス

魚の目_たこ