日本人もグルテンフリーって大変ね

市川 曽谷から近い女性整体師の川島カイロです。

gf-labels  
  最近よく聞くようになった「Gluten Free(グルテン・フリー)」ってなんだ!?
  グルテン (Gluten) とは、小麦、大麦、ライ麦といった麦類から生成されたタンパク質の一種なんだそうです。
  麦といえばパンはもちろん、うどん、パスタ、ピッツァ、ラーメン、クラッカー、シリアルなどに使われる原料です。
  その麦に含まれるグルテンは食物に弾力や粘り気を出す働きがあって、うどんにコシやピッツァに膨らみがあるのも、このグルテンの作用によるもの。

  このグルテンに対して耐性の弱い人がグルテンが含まれる食物を摂取してしまうと、アレルギー反応を起こして小腸が過敏に反応して消化不良になり、吐き気や痛み、腸疾患などを引き起こす要因になる。 その上、このアレルギー反応がとても強い場合は、グルテン不耐症などによる免疫反応が引き金になって起こる自己免疫疾患腸から栄養の吸収ができなくなる病気である「セリアック病」になる可能性もある。
  グルテンによる影響は自覚症状がない軽度アレルギーの人も含めると、年々増加傾向にあるようです。
  特に欧米など、小麦製品にドップリ依存している国々では、健康にマイナスとされる材料の不使用をアピールしたトレンドの流れでGluten Free(グルテンフリー)な商品も積極的に製造されるようになってるようです。

  また、グルテンは身体に老廃物をためるとも言われています。 そのためグルテンフリーを実践した人たちの中には、ニキビがなくなったり便秘が解消されたり、また精神的にもすごく安定したという方もいるんだそうです。 グルテン摂取を控えたことにより、腸の働きが良くなったと考えたらこれらが改善する可能性は確かに高いと思います。

  ラーメンが無性に食べたくなるなどの中毒の可能性もあり、グルテンには中毒性があるといわれていますが、この説は個人的には微妙です。 ラーメンはわかりますが、個人的にはあれはスープとのコラボでしょ!お米のほうが間違いなくパンより無性に食べたくなります。

  特に最近グルテンフリーが話題になったのは健康よりもダイエット効果に着目されたことによるかもしれません。 海外セレブがグルテンフリーを実践したことでダイエットに成功したなどの話題による影響によるものです。
  確かに、効果がある方には効果があると思います。 が、だからといってメッチャ高いグルテンフリーの食品を購入してまで実践する必要は無いんじゃないかなと私は思ってしまう次第です。
  まあ、グルテンを摂取してお腹の調子が悪くなるようなアレルギー体質の方は別として、グルテンが完全超悪とまだ現時点では断定もできないですし、個人的にラーメン食べれ無くなるのも、うどん、ピッツァ、パスタ、洋菓子類全てがNGになるようなことですからね。 人生の楽しみが減ってしまうというものです。

  気になる方はお米を主食とした日本食を中心とした食生活に切り替えればいいかと、あとグルテンフリーの見分け票といったものもありましたので、張っておきます。   これからの食生活の判断材料にして頂ければと思います。
  cached
今回珍しく、栄養系を3回に別けて書いてみました。 よく言われる本当は身体に悪いのよ!といわれたものをピックアップ、ほとんど何らかの形で毎日口に入れているものばかりです。
  調べてみて思ったのですが、2週間ほど実戦で試してみて本当に身体に変化があるようなら効果があると実感できると思います。
  試しに一回くらいは2週間ほどやってみようかとは思ってます。 でも、ラーメンは辞められないな。 


今回のブログ作成者は  たかQカイロプラクティックセンター 高久和巳先生です。

 

小麦に限らず米や砂糖など精白され過ぎたものは体への影響が強いんじゃないかと思います。

とはいえ小麦製品はおいしい。ピザにビール、お菓子、パンも大好きです。商品がある以上、それを全くやめるというのは難しいですね。