Monthly Archives: 3月 2016

水素は抗酸化物質として有効か

市川 本八幡から近い女性整体師の川島カイロです。

free_radicals

Healthy atom=健康な因子 Free Radical=活性酸素

フリーラジカル(Free Radicals)とは

 

酸素はご存知の通りO2原子から出来て、そのなかの電子は2つが対となって安定し存在しています。
それに対して、フリーラジカルは分子が分裂して不対電子をもつ産物が生じる際に、酸化物質が発生してしまいます。

このように発生したものが「活性酸素」であり、この活性酸素が体内の正常な細胞を攻撃し様々な病気を引き起こします。
活性酸素の発生は、体内に取り込まれた酸素が赤血球によって細胞に運ばれ、脂肪や糖分を燃やしてエネルギーを発生させます。
その際に使われた酸素の2%が活性酸素となっています。簡単に言えば、車の排ガスみたいなものですね。
他にも紫外線や食品添加物、タバコなどが活性酸素を発生させるのに影響があると言われています。

特にタバコの喫煙は影響が強く、タバコ一本で100兆もの活性酸素を発生すると言われています。
やはり、タバコは身体にとって百害あって一利なしですね。
また、ポテトチップスなどの油分の多い食品等も活性酸素を活性化してしまうので摂りすぎには注意が必要です。

そして、ストレスも要注意です。ストレスホルモンの一種コルチゾルは、免疫機能の重要な役割を担う、NK細胞の機能を停止させてしまうだけでは無く、その生成時には活性酸素も発生させてしまうためです。

活性酸素による体内の酸化は、リンゴの酸化から見て取ることが出来ます。
ご存知の通り、リンゴを切ってそのままにしておくと、切り口が酸化して茶色く変色してきます。それと同じように私たちの体内でも同じようなことが起こっているのです。

apple-oxidation

活性酸素が原因と考えられる問題

<血管系の疾患>
血液の老化・動脈硬化・心筋梗塞・脳卒中・脳梗塞
<内科系疾患>
がん・糖尿病・白内障・肝炎・腎炎・胃潰瘍・腸管潰瘍・性欲減退
<皮膚科系疾患>
膠原病・パーキンソン病・ベーチェト病・川崎病・関節リュウマチ・レイノー病
<その他>
アレルギー(花粉症、鼻炎)・冷え性・肩こり・便秘・疲労・二日酔い

 

活性酸を取り除く効果が期待できる『水素』

水素自体の還元力はそれほど強いものではなく、どちらかというと弱いものですが、そのため大切な善玉活性酸素には反応せず、酸化力の強い悪玉活性酸素にだけ反応するためです
つまり、身体に良いものはそのままで、悪いものだけに反応し除去してくれるのです。
水素と反応した悪玉活性酸素は水になって無害化されます。

そして、水素にはもう一つ大きなメリットがあり『身体の隅々まで』届くということです。
水素はあらゆる物質の中で、様々な物質の中で最も小さいため、優れた拡散性があり、水にも油にも溶け込むことが可能なためです。

<水素による効果が期待できること>
1、身体のデトックスと浄化が行われます。
2、お肌のハリを回復させシワを減らす。
3、体内環境を保ち、太りにくい体質に変える。
4、新陳代謝を促進する。
5.疲労を解消し、プレッシャーを和らげる。
6、勉強の効率をアップさせ記憶力を向上させる。
以上のような効果が水素によって期待できます。

 

最近の健康ブームのなのが、「水素」です。
特に、抗酸化物質として水素は地球上でもっとも優れたものとして注目の的です。
抗酸化とは字のごとく、肌トラブルや老化の原因である抗酸化物質を除去する働きのことです。
水素を服用して瞬間から変化がすぐ起こる方もいるようですが、通常4週間ほど続けることで変化が起こると言われています。

最近、疲れやすい日が続くといった方は試してもよいかもしれませんよ!

今回のブログ作成者は  たかQカイロプラクティックセンター 高久和巳先生です。

 

腰痛・肩こり・頭痛なら 市川のカイロプラクティック川島カイロへ

当整体院までの地図ならグーグルプレイス