Monthly Archives: 4月 2014

お尻の痛みがぶり返す

市川 松戸の整体院、川島カイロです。

 

お尻が痛い患者さま。

お尻のどのあたりが痛いかというと
お尻のくぼみがあるあたり→梨状筋などの外転筋があるところ
イスに座ると骨が当たる所→坐骨結節付近

 

ここら辺が
座ったりやじるしやじるし立ったりする時
歩く時
に痛むとのこと。

 

すでに2回ほど施術して痛みが軽減してきてはいるのですが、
まだ痛みがぶり返すとのこと。

「やっぱりそんなすぐには治らないんだと思います。
長い付き合いだから仕方ないんだと思います・・・
と半分あきらめモード。

 

いえいえ
それは違います。
まだ痛みが残っているということは、私がまだ痛みの改善に必要な
何かを見落しているってことです。
あきらめるには早すぎる

 

再度お尻の痛い所を確認。
「ここはどんな感じですか?こっちは?」
と腰骨のあたりや、お尻の真ん中の骨のあたりや、イスに座ると骨が当たるあたりなどを探索。

 

すると前回まで本人も気づかなかった
“イスに座ると骨が当たるあたり”も痛い、ということを発見しました。
(痛みとはあいまいな時もあって、どこが痛いか確認しようとしても分からない時も多々あります)

 

その骨のことを坐骨結節といいます。
坐骨結節にくっついている筋肉は
内転筋といって、太ももの内側にある筋肉さん
ハムストリング筋という太ももの後ろ側にある筋肉さん
です。

 

探してみると内転筋さん達を触ったときに
「ウワッそこ痛いです。
い、痛い。い、いた~~~~~い
とあまりの痛さに半分お怒りで

 

 

1、2か所はほとんど触れている程度の力なのに激痛が走るそうです。
トリガーポイントという、痛みを引き起こす硬結です。
これらを緩めていきました。

 

あまりに痛かったらしく
「先生、もうヤダ~顔 あうー顔 あうー
だけど痛みを残しておくと、それこそぶり返すのです。
ここは耐えて頂きました。

そうなってしまうほど、どれだけ仕事などが大変だったんだろうか、とお気の毒になりました。

 

 

不思議なことですが、日常生活では内太ももに痛みを感じることはなかったそうです。←良く聞く話なんですよ。

 

さらに関連筋として大腰筋と腸骨筋も緩めていきました。

 

これらを緩めた後で、再度ベッドから立ち上がってもらうと
「痛みが軽くなってるかも
(“かも”つきですが。でも今までとは変わったようですよホッ
とのこと。

 

相当な筋肉の痛みなので1回でスッキリはしないと思います。

 

でも今までよりはお尻の痛みの軽減につながることでしょう。やはりあきらめずにトライすることが大事です。

 

腰痛・お尻痛なら 市川の整体院川島カイロへ

当整体院までの地図ならグーグルプレイス