Monthly Archives: 11月 2013

足の薬指の痛みから、足、太もも、お尻の痛みへ

市川 本八幡の整体院(女性整体師)、川島カイロです。

 

足を机の角にぶつけてからギックリ腰になっちゃった。

つまづいてから方が痛い。

そんな経験ありませんか?

小さな衝撃が原因でぶつけた、転んだなどとは違うところにその影響が出ることがあります。

今日はそういうお話。

 

左足の小指側(中足骨)が痛くなっちゃって一向に治らないんです。

どうしましょう~

と以前通って下さってた高校生の女の子。

 

どうしてなんでしょう~

と私も話をよくよく聞いてみましたら。

歩き始めようと足を踏み込んだ時に、靴の中で左薬指が縫い目に引っかかったそうです。

とっさに足を上げましたが、左薬指の爪が半分はがれてしまったそう。

(痛そう~~~

 

ひっかけた左薬指は今はもうそんなに痛くないけど、小指の骨の出っ張ってるところが今も痛い。

心配になって整形外科さんで見てもらったけど骨などにひび、骨折はない

現在は歩く際に地面を蹴りだそうとする際に痛い

足をかばうせいか右のお尻や内太ももが痛くなってきちゃっただそうです。

 

身体の状態がどうなっているのか確認しました。

深部感覚と言って足が

こんな風に力を入れてるよ。筋肉や腱をこうやって使っているよ

という感覚信号が非常に弱くなっていました。

体をボン、とはたいてみると何度やってもあっちへグラグラ、こっちへグラグラ。

全体的な検査結果で右脳さんが低下と判断しました。

 

アクチベーターで腱紡錘を刺激

この時点で深部感覚の低下が改善して、グラグラは収まりました。

 

あとは右足の蹴り出しの際に弱くなる筋肉を確認、『痛みのスイッチ』トリガーポイントを解消

足の後面に負担がかかっていたようですが、本人にその自覚は無かったです。

だからトリガーポイントのグリグリと非常に痛いかたまりを押したときには

「*!?$¥~~~~~」と悲鳴をこらえるような

(ご本人必死でガマンしてました)状況でした。

 

足指の痛みから足の筋肉の『痛みのスイッチ』が作られ

また、足の感覚も正常に伝達されなくなったのだと思います。

 

施術後に歩いてもらって様子を確認。

あ、歩き方がなんか違います

足も軽くなったとのことですので、これで様子を見てもらうことになりました。

 

 
腰痛・頭脚の痛みなら 市川の整体院川島カイロへ

当整体院までの地図ならグーグルプレイス