市川 整体・骨盤矯正・腰痛・頭痛・肩こり・ぎっくり腰なら川島カイロプラクティック 市川市の本八幡駅より車で5分

  • HOME
  • 当院の特徴
  • 患者様の声
  • よくある質問
  • 施術料金
  • 地図・アクセス
  • お問い合わせ

難聴/耳鳴り

耳鳴り、難聴、耳が聞こえずらくなると、会話が聞き取りづらい、TVやラジオが聞きずらいなど
生活の質(QOL)が下がり気持ちが沈んでしまいますね。

市川周辺にお住まいの皆さんに耳鳴り、難聴とは耳内部の働きがどのように低下した状態をなのかをお伝えします。
耳の構造なども少し知っていると耳鳴り、難聴を理解するのに役に立ちますよ。

耳の中での音の伝わり方

耳鳴りと難聴は耳の状態が対極にあるといえるでしょう。
難聴とは本来聞こえるはずの音を聞くことができないでいることです。
反対に耳鳴りとは通常では聞こえなくてもよい程度の音まで聞こえてしまっているということです。
つまり聞こえすぎてしまうか、聞こえなさすぎてしまうか、ということですね。

それでは耳の中で音がどのようにを伝わっていくか見ていきましょう。

まず外界の音は耳介でキャッチされ
外耳道を通って①鼓膜を震わせます。(③鼓膜張筋の働き)
鼓膜の震えは内耳にある3つの小さな骨、ツチ骨・キヌタ骨・アブミ骨に伝えられます。

さらにアブミ骨が蝸牛という場所に音の振動を伝えます。(②アブミ骨筋の働き)
ここからは音の振動を電気信号に変えて、大脳の聴覚野という場所に伝えられていきます。

耳なりと難聴の原因―鼓膜とアブミ骨

音はただ何となく聞こえているのではありません。
丁度良く聞こえるように神経や筋肉によって調節されています。

その調節をしているのが、鼓膜の張り具合を調節している③鼓膜張筋と、アブミ骨についている②アブミ骨筋という筋肉です。

鼓膜が適度な張りを持っていると音が伝わりやすくなります。
(太鼓の皮がゆるんでいたら、音が響かないのと同じです。程よくピンと張っていると音は響きますよね!)
アブミ骨は伝わってきた音が大きく伝わりなりすぎないようにしています。
(大きな音がする場所に行ってしばらくすると、音の大きさに慣れてきますね)

同じ耳の中なのに鼓膜張筋は三叉神経、アブミ骨筋は顔面神経という2本立ての調節をしています。
このどちらかの働きが低下してしまうことにより、難聴や耳鳴りが起こってきます。

耳なりと難聴の原因―耳管の状態

トンネルに入った時のように耳がボワーンとこもる(響く)感じが続いている。
耳に水が入った時のように頭の中で音が響いたまま戻らない。

通常だったら、あくびをしたり、唾をゴクンと飲みこめば元に戻るような耳詰まりが、
改善せずに続いてしまっている状態です。
耳の内部の圧力を調節している④耳管の働きの低下のためで、下記のような原因があります。
 耳管狭窄症―風邪で咽頭に炎症がおきる、その他、などで起こります
 耳管開放症―体重の急激な減少、その他、などで起こります

耳管は⑤耳管軟骨と共に普段は耳管咽頭筋(迷走神経)という筋肉の働きで閉じていて、食べ物や唾を飲み込む際に口蓋帆張筋(三叉神経)という筋肉が働いて開きます。
この開閉のおかげで外耳と内耳の圧力差がなくなり、耳がこもった感じが解消されます。

耳なりと難聴の原因―顎関節・口の問題

音を伝える鼓膜の働きに三叉神経が関わります。
三叉神経はまた、口・歯・顎にも関わりの深い神経です。

  • 口を大きくあけると顎が左右のどちらかにずれてしまう、(外側翼突筋)
  • 逆に閉じる時に顎が左右のどちらかにずれてしまう、(内側翼突筋や咬筋)
  • 噛みしめるときに変な音(異音:カクッ、ポキッなど)がする(顎関節)
  • 物をかむ時に歯が痛い(噛み合わせ)
  • 現在歯の治療中で口を開けている時間が長い

このようなことが思い当たる場合は、
耳に関わる神経、筋肉、顎の問題が耳鳴りや難聴に関連があるか調べてみませんか?
カイロプラクティックがあなたの体調改善のお役に立てるかもしれません。

難聴と耳鳴りの特徴

耳鳴りや難聴の様子をまとめました。ご参考にして下さい。

聴覚過敏・耳鳴り

特徴
耳鳴りがする、人の話し声に雑音が混じる、TVやラジオが変に響く
主な原因
内耳のアブミ骨筋が音の伝わる大きさを調節してくれず、音が響く状態。
機能(働き)が低下している状態。
このような場合耳や聴覚器に病気(炎症、感染症)がないと言われます。

難聴・聞こえづらい

特徴
会話の声が遠くなった、TVやラジオの音量をあげた
耳や聴覚器に問題(炎症、感染症)がないといわれる
主な原因
鼓膜の適度な張りが失われ、音が中耳や内耳に伝えられない状態
やはり機能(働き)が低下している状態。

難聴・耳がこもる、つまる

特徴
耳がこもった感じ、聞こえにくい、
水が耳に入ったようにこもる感じがする
トンネルに入った時やエレベーターで急に高い所に行ったような感じ
主な原因
耳管の開閉が行われず、外耳と内耳に気圧差ができてしまう
「耳管狭窄症」「耳管開放症」
(通常は唾を飲んだりあくびによって調整される)

突発性難聴

特徴
急な片側の耳で難聴、耳鳴りを感じる。めまいを伴う場合もある。
発症から治療までの期間が短いと改善する可能性が大きい。
入院と点滴、安静治療を行う。
主な原因
内耳=蝸牛神経への血流不足、ウィルス感染。
高血圧、糖尿病(が難聴を引き起こす可能性がある)、加齢

メニエール氏病

特徴
急にぐるぐると回るようなめまいとともに耳鳴りと聴力低下が同時に起こる。
吐き気が起こることもある。30~40代女性に多い。
主な原因
蝸牛神経のリンパ液が産生されすぎることによる(内リンパ水腫)

耳そのものに炎症や腫瘍などの異常がないのに起きている耳鳴りや聞こえの悪さは、
耳の中の働き(機能)が落ちている状態です。

鼓膜や耳の中の状態を確認しつつ、
カイロプラクティックで神経、頭蓋(とうがい、頭の骨のこと)、内臓、身体の筋肉などを
整えていきましょう。
身体全体が整うことで聞こえ方も改善されると考えております。

お問い合わせ:047-701-8198 お問い合わせ:047-701-8198