市川 整体・骨盤矯正・腰痛・頭痛・肩こり・ぎっくり腰なら川島カイロプラクティック 市川市の本八幡駅より車で5分

  • HOME
  • 当院の特徴
  • 患者様の声
  • よくある質問
  • 施術料金
  • 地図・アクセス
  • お問い合わせ

生理痛・PMSと 子宮内膜症・子宮筋腫 などの辛い症状

生理前後や排卵の頃に体調不良で生活や仕事ができなくなったり、気持ちが不安定だったり。
人によってはその症状の辛さに恐怖すら感じてしまうのではないでしょうか。
子宮内膜症・子宮筋腫で生理痛が悪化している方も含めて、何とかその辛さを減らしたい。
このまま閉経まで何年も苦しむ?・・・そんな必要ないんですよ!

生理痛・PMSと子宮内膜症・子宮筋腫のこのような症状でお困りですか?

体の症状
月経血の量や日数が多すぎる・少なすぎる
腹痛、腰痛、頭痛、下腹部の張り、便秘・下痢、疲労感、むくみ、ほてり、不眠、吐き気、にきび・発疹
精神的な症状
イライラ、無気力、集中力・記憶力の低下、神経質、過敏、短気

上記のような生理に関する症状が

  • 毎月ある
  • 数か月に一度でもある
  • 痛さ/痛む回数/月経量が以前より増えてきた
  • レバーのような塊が出る
  • 薬が効かなくなってきた/薬の量が増えてきた

のであれば、施術を開始することをお勧めします。

生理痛やPMSの改善例があります

PMSから生理中にかけて怒る・イライラ、腹痛や頭痛が軽くなりました市川市 東菅野 女性

生理前に人が変わったように怒る、イライラを家族にぶつけるのが止められ ないし、 生理中にかけて腹痛や頭痛が続き、辛いという方でした。

検査をすると左大脳の働きが明らかに落ちていました。
子宮・卵巣をはじめいくつかの内臓、筋力も低下しています。
これでは日常生活を普通に送ることが難しいでしょう。

脊柱からの刺激と、呼吸・内臓調整で中枢神経を活性化させました。
ここが元気に活動すると、痛みの感じ方を抑えたり筋力がUPするなど改善がスムーズに行われるからです。

子宮筋腫の影響からゴロッとした月経血だったのがサラサラにかわり、イライラなどもかなり減ったそうです。
何より「お菓子を食べるように」ポリポリ食べていた頭痛薬が劇的に減ったそうです。

患者さまの声はこちら→生理前・生理中のイライラ、怒りっぽくなる、頭痛、慢性疲労

生理前~生理中の頭痛、体調悪化がなくなりました市川市 菅野 女性

日常的に頭痛や首痛・肩こりがあり、
特に生理前1週間くらいから 頭痛が始まったり体がダルくなる、生理中の頭痛に悩まされていました。

中枢神経の働きが低下して痛みに敏感になっていたことと、 体の痛みと子宮の関連があったので、それらを解除していきました。

すると施術中に来た生理が楽になっていたそうです。
その後のメンテナンスでも
「生理前に体調が悪くなったら見てもらおうと思っているのにそれがなくて、気づいたら生理が始まっちゃうんです^^」
というコメントを頂きました。

患者さまの声はこちら→生理前の頭痛、慢性的な首こり

子宮を取ってしまいたいほどの生理痛の調子が改善しました市川市 南大野 女性

子宮筋腫があって生理痛が強く出血が多い、おりものがダラダラ続き、
2日目の出血量はナプキンではままならないほどの量だったそうです。
その他には坐骨神経痛もありました。

生殖器の働きが弱くなっていたこと、下半身のほとんどが筋力低下を起こしていました。

通常の施術で、筋力低下は改善。坐骨神経痛によるシビレがなくなりました。
血流改善を目指し子宮・卵巣への軽い押圧刺激を加えました。

すると施術期間中に来た生理では生理痛が軽くなったそう。
また出血の全体量は変わらないが1日で大量に出血することがなく、生理期間中全体に平均しました。
毎月生理痛がひどいし、筋腫もあるしいっそ子宮を取ってしまいたいと思ったほどの生理痛でも改善した例です。

患者さまの声はこちら→子宮筋腫の影響で生理痛が辛い、出血量が多い

どうして生理痛・PMSの症状が起こるのでしょう?その原因は?

子宮の働きが悪いだけではないのです。それ以外の問題にも目を向けましょう。

中枢神経の働きが低下して痛みを抑えられなくなっている

生理は女性の体に必要な働きです。
本来は子宮の収縮の時や、月経血が子宮からはがれる時の痛みは中枢神経が受け取らない仕組みになっています。
中枢神経の働きが低下すると痛みを受け取ってしまうのです。

ホルモンの変化に体が対応できない(下のグラフの12

急激なホルモンの変化に体が対応しきれず不調を起こします。

子宮の働きの低下(下のグラフの3

子宮の働きが悪いため、プロスタグランジンが多く分泌され痛みを引き起こします。

生理周期と自分の不調を照らし合わせてみると?

グラフは女性ホルモンの変化と生理周期を
表したものです。

1. 排卵日の頃
生理と生理の間にある排卵日に具合が悪くなる方もいるでしょう。
出血などもなく不調と排卵日の関連を見逃しているかも。
オリモノの変化などを観察するのも良いでしょう。
排卵は左右交互に行われますから、隔月で体調が崩れるというパターンもあります。

2. 1週間前~初日位
PMS(Pre Menstrual Syndrome)=月経前症候群とは、生理の1週間くらい前から起こる下腹部痛や、腰痛、イライラなどと言われます。
月経が開始されると症状が収まるか、軽減していきます。

3. 前日・初日~3日目位
生理痛=月経困難症とは、生理前日や初日、初日~3日くらいにかけて辛い症状が出てくることを指します。

生理周期はこのような特徴があります

1. 排卵準備=卵胞期
卵巣内で卵胞(卵子を包む袋)を育てる卵胞ホルモン(エストロゲン)が働きます

2. 生理前=黄体期
卵巣から出た卵子が卵管を通って子宮に向かいます。
このとき黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌され、子宮内膜を厚くして妊娠の準備をします。

3. 生理
プロスタグランジンという物質が子宮を収縮させ月経血を排出します 又、痛みを引き起こす物質でもあります。 子宮の働きが悪ければこれが多く分泌され収縮が強くなり、生理痛に。

子宮より上にある内臓の働きの低下

内臓の働きが低下して、栄養や薬の代謝/吸収/排泄ができないことによる体への悪影響。
骨盤や脊柱の変異に伴って内臓の位置変わり、働きが正常でなくなります。
→ その結果一番下にある子宮や卵巣の働きにも悪影響が出ます

子宮筋腫/子宮内膜症/子宮腺筋症といった病気が原因(下の図を参照)

これらの病気が原因で、異常な痛みや血液量、生理期間の長期化を引き起こします。


*図は症状の一例です

子宮内膜症と癒着
子宮内膜組織が子宮以外で生育し、痛みを引き起こす病気です。

子宮筋腫
子宮壁の筋肉の一部が異常増殖してできる良性腫瘍。 生理の血液の量の増加、生理の血液にレバー状のかたまりが混じる

子宮腺筋症
子宮内膜組織が子宮筋層内に潜り込み増殖する疾患。 激しい痛み、生理の血液量の増加、それによる貧血などさまざまな症状が生じます。


カイロプラクティックでは生理痛にどう対処していくの?

問診からどの神経や内臓の働きが低下しているのかを推測します。

当院はカイロプラクティックですので、お薬は使いません。
痛みを受け取りやすくなっている中枢神経の働きを改善します。 子宮の位置や変異を改善し、子宮が持っている本来の働きを取り戻しましょう。
それとともに、卵巣や子宮間膜といった、子宮の周りにある内臓のケアも行います。 子宮の働きを低下させているその他の内臓やホルモンの状態を調べていきます

出産の際に帝王切開や会陰切開をされた方、子宮筋腫等の手術をされた方はお伝えください。 手術の跡をご自身で確認しておいて下さい。
生理痛や不調に関連がないかどうか確かめます。


子宮筋腫などの病気がある場合でも、それらをすぐに改善するわけではありませんが、 体の働きを正常な状態に近づけていくことで、痛みなど症状の軽減を目指します。

ご相談ご予約は電話かメールから

「生理痛やPMSが辛くて困っているのですが、、、」
とお気軽にお問い合わせくださいね。ご質問にお答えします。
(施術中で電話に出られない場合、後ほどお電話しますね)

女性がホルモンの変化に影響されないのはひと月の中でも1週間くらいだと言われます。
だからといって3週間も調子悪いなんて女性ばっかり悔しい!!じゃないですか!
生理痛やPMSでお困りの方はご相談下さい。生理日だろうが排卵日だろうが楽チン&笑顔で過ごしましょう。

お問い合わせ:047-701-8198 お問い合わせ:047-701-8198