市川 整体・骨盤矯正・腰痛・頭痛・肩こり・ぎっくり腰なら川島カイロプラクティック 市川市の本八幡駅より車で5分

  • HOME
  • 当院の特徴
  • 患者様の声
  • よくある質問
  • 施術料金
  • 地図・アクセス
  • お問い合わせ

めまい・ふらつき

千葉 市川の皆さんだけでなく、めまいやふらつきでお困りの方は多いと思います。

脳の病気ではないのでMRIを取っても問題がなかった。耳鼻科へ行っても病気ではなかった。
病気でないことは良いことだけど、めまいは続いている・・・。

当カイロでは脳梗塞など脳の病気で起こるめまいではなく、耳の内部や身体の働きが弱くなったために起きるめまいについてお伝えしていきます。

めまい・ふらつきの改善例があります

しょっちゅう首こりがひどくなりめまいが出る市川市 南大野 女性

首こりがひどくなるとめまいが起きてしまい、それが1日中続く患者さんです。

体をスムーズに動かす小脳、
顏の傾きを感知する三半規管が弱い

ことがわかりました。

脊柱への刺激で、小脳を活性化。
首の動きがスムーズになってコリがなくなり、血流が良くなることで三半規管の改善を目指しました。
数回の施術で、首・肩こりが楽になってめまいも出なくなりました。

首こりが原因でめまいが起きていた症例です。

患者さんの声はこちら→首のつけ根がいつもこっていて、めまいも出てきた

フラフラ クラクラするめまい、怖かった市川市 鬼高 女性

フラフラ クラクラするめまいと、「強いめまいがまた来たらどうしよう」という不安を抱えていました。

検査をすると小脳、
目の動きがスムーズでない
全体的な筋力低下で体を支えられない 他

がわかりました。

骨盤、脊柱への刺激、呼吸調整、自宅での軽い運動で、めまい軽減を目指しました。
数回の施術でほとんどめまいが起きなくなりました。

過去に『良性発作性頭位めまい=BPPV』 という強い回転性めまいを体験したことがあり、またそうなったらどうしようという恐怖感があったので
それについての状況もご説明し安心してもらいました。

体調が全体的に低下していたために起きていためまいです。

患者さんの声はこちら→ひどいめまいになったらどうしよう、と怖かったです

読んで頂くとわかるとおり、脳の状態が悪くて出るめまいは少ないのです。
次から、身体のどこが悪くてめまいがでるのか、めまいの特徴から推測できることは?などをご説明しますので、チョット長いですがご一読ください。
そして「あ、これ私のと似てる・・・」と思った方はぜひ市川の川島カイロへお問い合わせください。

どうしてめまいが起こるの?

めまいやふらつきの原因は視覚・深部感覚・平衡感覚のバランスの崩れです。
めまいの原因になる目や耳、脳などの仕組みを詳しくご説明しますね。

両目(=視覚)が同時に動いていない
・両方の目が同じ物を見つめること、
・周りの景色に対して顏を水平に保つこと
が目の大切な働きです。
両目が同じものを見られない(注視ができない)、変わっていく景色を目で追えない時
めまいの原因になることがあります。

身体がどのような位置にあるのかという感覚が低下している
身体が立ったり・座ったり・歩いている時、筋肉や関節は常に
 「このように立ってふんばっているよ、どちらの足に重心を移したよ」
という連絡をしています。これを深部感覚といいます。
あまり動かない人、過去にネンザなどをした人などは、この感覚が低下していることがあります。

耳の中の三半規管・前庭器が弱くなっている
顏の向きや傾き=平衡感覚 を感じる所です。
小脳や脊髄に伝えて倒れないようにしたり、目に伝えて視線を水平に保つように働きかけます。

これらのまとめ役 中枢神経=小脳
小脳は目・深部感覚・三半規管からの感覚情報を受け取って、体がスムーズに動けるよう調節をする器官です。
小脳が働かないと感覚同士の連絡がうまくとれなくなります。

これらの働きのうち一つでも弱くなってしまうとチームワークが乱れて、めまいやふらつきが起こるのです。

まためまいに伴って吐き気が起きるというのは脳幹(孤束核:こそくかく。嘔吐をさせる働きがある)の働きの異常を誘発するために起こります。

めまいの特徴から原因を推測

1.肩こりや疲労で出るめまい

特徴
肩や首のこり、疲労から起こるめまい=頚性めまい
クラッとする・フワフワ・フラフラするなどの非回転性めまい。
持続時間
30分~24時間
主な原因
首や肩の筋肉の緊張のため、血流が低下して起こる。
病気ではないため原因が特定できずに病院や診療科をいくつも訪れてしまう場合もあるようです。

2.フラフラと揺れてるようなめまい(乗り物酔いもこの仲間)

特徴
日常のふとした時に起こるめまい。
車、バス、電車、飛行機、船などに乗った際に酔ってしまう
持続時間
数秒~数十秒/乗り物に乗っている間中
主な原因
身体の動きをコントロールする小脳の働きや、体の傾きを感じ取る三半規管の低下など。
乗物酔いはさらに目の動きも絡みます。

3.立ちくらみ

特徴
起き上がる、立ち上がる、立ち続けているときなどに起こる。
気が遠くなるような、意識が飛ぶような、倒れてしまうような
吐き気、嘔吐、一時的な視野障害(視界が暗くなる)、冷汗
持続時間
数秒~数十秒
主な原因
自律神経の問題。体の位置が変わる際血圧、脈拍などを高めなければいけないのに、変化に対応できていない。

4.外傷性のめまい

特徴
日常のふとした時に起こるめまい
持続時間
数秒~数十秒
主な原因
ネンザ、追突事故で頭を揺さぶられた、転倒、スポーツ中のぶつかり合い
どれも何十年前でも影響します!
脳の病気ではないめまいではここまでの問題が多数です。

立ちくらみや乗り物酔いなどは小中学生さんも多いお悩みと思います。
ご相談ください。

5.良性発作性頭位めまい症=BPPV(Benign Paroxysmal Positional Vertigo)

特徴
頭を特定の方向(右を振り向くとき、左を下にして寝る時など)に動かしたときに起こる。 周囲または自分がグルグルと回る感じ。数週間で改善することがほとんど。
持続時間
30秒~数分
主な原因
加齢。耳の中にある前庭器の耳石器という粒が取れて動くことが原因

6.メニエール氏病

特徴
急にグルグルと回るようなめまいとともに耳鳴りと聴力低下が同時に起こる。吐き気が起こることもある。30~40代女性に多い。
持続時間
30分~24時間
主な原因
蝸牛神経のリンパ液が産生されすぎることによる(内リンパ水腫)

7.危険なめまい=脳の病気

特徴
めまい+嘔吐・頭痛(ガーン!と突然殴られたような/今までに経験のない)=脳出血
その他めまいが起きた際に、
運動障害→ろれつが回らない、口がうまく動かない、飲み込めない(お茶を飲もうとしたら飲めないなど)、手足や体の一部が動かしずらい、シビレやマヒがある、
感覚のマヒ→顔にシビレやマヒがある、誰かに触られても、自分が何かを触ってもわからない、温冷が分からない
などの症状があった、又はあったけど今は収まっている。
持続時間
 
主な原因
脳梗塞、脳血栓、小脳腫瘍など。
今すぐにこのページを閉じて脳神経外科を受診してください!

当院のめまい対策

当カイロではまず問診で、どんなときにめまいやふらつきが出るのかお伺いします。
時間帯はいつか、めまいが出る時にしている動作(寝ている、起き上る時、振り向くときなど)は何か?
自分が覚えていない小さい頃に骨折やネンザをしたかもしれません。
あなたのお話から原因となる事柄を考えていきます。

さらに検査で視覚、小脳や三半規管などのバランス系、筋力、その他(卵巣や子宮などの婦人科系の問題などが原因の場合も)の何が低下してめまいを起こしているのか確認し、
適切な刺激を入れることで働きの弱まった器官の改善を促します。

ご自身にあわせた簡単なトレーニングもお伝えしますので
ご自宅で行っていただくと症状の改善に役立つことでしょう。

ご相談ご予約は電話かメールから

「めまいやふらつきがあって不安なのです、、、」
とお気軽にお問い合わせくださいね。ご質問にお答えします。
(施術中で電話に出られない場合、後ほどお電話しますね)

お会いして検査をすると、自分でも気づかなかった体の働きの低下を知ることができるでしょう。
どの場所が問題を起こしているのか、ご一緒に調べていきましょう!

病院で見てもらっても「病気ではない」、
薬を飲んでもあまり状況が変わらない

そんな時はカイロプラクティックがお役に立つかもしれません。
ご相談、お待ちしています!(^ー^)y

お問い合わせ:047-701-8198 お問い合わせ:047-701-8198